RSS

PayPayの支払い方式は2種類!何が違うの?

PayPayにはお店側がスキャンする「ストアスキャン」方式と、自分で商品などの値段を入れる「ユーザースキャン」方式という2つの支払い方式があります。

どちらの方式を採用しているかは、加盟店によって異なるようです。

 

しかし、そもそもPayPayに2つの支払い方式があることを知らず、店頭で焦ってしまう人もいるかもしれません。そこで今回は、PayPayの2種類の支払い方式について解説します。

「ストアスキャン」方式

1つめの支払い方法は「ストアスキャン」方式です。「バーコードスキャン」型とも呼ばれる支払い方式で、コンビニやスーパーなどが多く対応しています。

PayPayのアプリを立ち上げてTOPページのバーコードを見せるか、「支払う」をタップしてバーコードを表示させると、店員さんがバーコードスキャナーで読み取ってくれます。

「PayPay!」という音声とともに支払い終了画面が表示されれば、決済は終了です。ユーザー側はQRコードを見せるだけなので、素早く手軽に決済が完了します。

「ユーザースキャン」方式

もうひとつの支払い方式が「ユーザースキャン」方式です。「QRコード読み取り」型とも呼ばれており、お店のレジ付近にPayPayのQRコードが貼ってあるお店が加盟店になります。

 

店員さんからQRコードを提示され「読み取ってください」と言われた場合は、ユーザースキャン方式です。読み取りだけでなく、ユーザー側で支払料金の入力が必要です。

PayPayのアプリを立ち上げ、TOPページの「スキャン」をタップします。すると、QRコードが読み取れるようになるので、お店のQRコードをスキャンしましょう。

また、先程紹介した「支払う」アイコンをタップしてバーコード表示画面を開き、右下の「スキャン支払い」をタップすれば、QRカードの読み取り画面に移ります。

提示された値段を入力し「次へ」をタップすると、画面が上下逆になるので店員さんに確認してもらいます。

OKであれば「支払う」をタップし、「PayPay!」という音声が聞こえれば決済終了です。

「ユーザースキャン」方式は他のスマホ決済にもある?

多くのスマホ決済サービスは、上記でいうと「ストアスキャン」方式を使っています。では、「他のスマホ決済サービスにもユーザースキャンはあるの?」と気になる人もいるでしょう。
LINE Payとau PAYには、PayPayと同じように2種類の支払い方式が存在します。

LINE Payの場合は、LINEの「ウォレット」画面の右上にあるコードリーダーのアイコンをタップすると、ユーザースキャン方式の支払いが利用可能です。

2つの支払い方式の存在を知っておけば安心

PayPayにはお店側がスキャンする「ストアスキャン」方式と、自分で値段を入れる「ユーザースキャン」方式があるので、加盟店によって使い分ける必要があります。

 

2つの支払い方式の存在と利用方法さえ知っておけば、支払い時に焦ることはないでしょう。

Source: しむぐらし