RSS

iPhoneの通信データがなぜか4G→3Gになるのがなぜ?原因と対処法を説明

いつでもどこでも高速通信が可能になった、現代のスマートフォン。

最新の「5G」の話題もよく聞くようになりましたが、現在の4G LTEも十分に優秀ですよね。全国どこへ行っても、快適にインターネットを利用することが可能です。

 

しかし一方で、iPhoneを使っていると不意にデータ通信が3Gになってしまうことがあります。4G LTEに対応している機種なのに、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

本記事では、iPhoneのデータ通信が急に3Gになってしまう原因と、その対処法を説明します。

4G対応機種が、急に3G通信になってしまうのはなぜ?

4G LTEに対応しているiPhoneが急に3Gにつながり、データ通信がスムーズにできなくなってしまった――。

 

iPhoneユーザーのなかには、このような体験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。4Gから3Gに通信が切り替わってしまう現象には、いくつかの原因が考えられます。

原因① 電波が届きにくい場所にいる

まず考えられるのが、「電波が届きにくい場所に移動した」「4G LTEサービスのエリア外に出てしまった」ケース。

 

4Gの電波が届く地域は全国に拡大していますが、それでもまだ対応していないエリアが少なからずあります。特に郊外や山間部などですね。

 

都市部では地下鉄の車両内でWi-Fiが提供されるなど通信環境も改善されていますが、それでも電波状況が悪くなることはありますし、電波の届きにくい場所などでは通信が途切れてしまうことがあります。

すると自動でデータ通信が3Gに切り替わる、というわけですね。

原因② モバイル通信設定で4G LTEがOFFになっている

スマートフォン側の設定でOFFになっていても、4G LTEにはつながりません。

 

iPhoneの設定画面から、「モバイル通信」→「通話のオプション」→「音声通話とデータ」の順にタップすると設定を確認できますので、OFFになっているようでしたらONにしましょう。

原因③ 端末の不調・不具合

稀なケースではありますが、端末が何らかの不具合によって通信できなくなる可能性もゼロではありません。

 

再起動で問題が解消される場合もありますので、まずは端末を再起動してみましょう。それでも改善されないようでしたら、サポートに問い合わせてみてください。

原因④ ネットワーク回線のトラブル、通信障害

端末の問題ではなく、回線側に通信障害などのトラブルが生じてつながらなくなるケースもあります。

 

回線トラブルはそうそう起きるものではありませんが、それでもまったくないとは言い切れません。大規模な通信障害はすぐにニュースにもなりますので、トラブルが起きていないかチェックしてみましょう。

まとめ

以上、iPhoneのデータ通信が急に3Gになってしまう原因と、その対処法を説明しました。

 

原因はさまざまですが、まずは「設定の再確認」と「再起動」をあわせて行うのがいいかもしれません。

 

設定が変わってしまっただけならすぐに対処できますし、ちょっとした不具合であれば大抵は端末を再起動すると解決します。

関連記事でも類似のトラブルとその対処法を取り上げていますので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

 

▼関連記事

3Gや4G、LTEやWi-Fiとは?それぞれの違いを徹底解説

iPhoneが圏外になる、検索中のまま使えない時の理由と対策

家のWi-Fiが遅くなる原因は?対策も合わせて解説!

 

Source: しむぐらし