RSS

見たくない情報をブロック!Twitterのキーワードミュートの設定方法

情報収集やコミュニケーションのツールとして、SNSは私たちの生活に欠かせません。しかし、不特定多数のユーザーが使用しているため、ときには見たくない情報が流れてきてしまうことがあります。

 

Twitterでは、こういった事故に備えて「キーワードミュート」という機能を搭載しています。今回は、キーワードミュートの設定・解除方法と便利な使い方を、具体例を交え紹介します。

Twitterのキーワードミュート機能とは?

Twitterのキーワードミュートとは、特定のキーワードを含むツイートが、タイムラインに表示されなくなる機能のことです。

たとえば、深夜にお腹が空く人は、ミュートキーワードに「飯テロ」と設定することで「飯テロ」の含まれるツイートが表示されないようにできます。

 

2021年9月現在、ミュートするツイートの指定方法として用意されているのは、以下の3つのパターンです。

 

  • フレーズを指定する
  • ハッシュタグ(#〇〇)を指定する
  • アカウント名(@〇〇)を指定する

 

それぞれの指定方法と活用事例は、後ほど詳しく紹介します。

キーワードミュートの設定・解除方法

では、キーワードミュートの具体的な設定・解除の方法を画像付きで紹介しましょう。

キーワードミュートの設定手順

キーワードミュートは、アカウントのプライバシーメニューから設定できます。スマホアプリ版の場合、タイムラインで自分のアイコンをタップすると、メニューを表示できます。そこから「設定とプライバシー」を選んでください。

「プライバシーとセキュリティ」→「ミュートするキーワード」の順に進むと、キーワードミュートの画面に移動します。

キーワードミュートの画面では、以下のように「指定するキーワード」「ミュートする対象範囲」「ミュートする期間」が指定できます。

ミュート期間は「再度オンにするまで」「24時間」「7日」「30日」から選択可能。

希望するミュート内容を設定し、画面右上の「保存」を押すと、解除するまでそのキーワードを含むツイートは表示されなくなります。

キーワードミュートの解除手順

ミュートに設定したキーワードは「ミュートするキーワード」の画面に一覧表示されています。解除したいキーワードを選び「削除」を選ぶと、ミュートを解除することが可能です。

削除を選択すると確認ダイアログが表示されますので「はい」を選んでください。

キーワードミュートの便利な使い方

キーワードミュートには「ハッシュタグ」「フレーズ」「アカウント名」の3つのキーワード指定があります。それぞれどのように使えるのか、便利な使い方を見てみましょう。

ハッシュタグを指定してミュートする

ハッシュタグとは、SNSで使用される「#〇〇」という形式の文字列のことです。キーワードミュート機能では、ハッシュタグを指定することで、ハッシュタグが含まれているツイートを表示しないよう設定できます。

 

「#定期」「#拡散希望」などを指定すると、Twitterで集めたい情報と関係ないツイートがタイムラインに流れるのを防止できます。

トレンド入りしているハッシュタグのツイートを見たくないときなどにも便利ですね。

そのほか、公開中の映画のタイトルを、期間指定と組み合わせて設定することでネタバレを防ぐ、といった使い方も可能です。

▲アニメの名前でハッシュタグを指定してみたところ

フレーズを指定してミュートする

キーワードの頭に何もつけずに記入すると、フレーズ指定のミュートになります。特定の単語や文字列を指定して、ツイートをミュートすることが可能です。

 

フレーズ指定の便利なところは、特定のカテゴリでよく見かける単語や言い回しを指定できるところです。

たとえば、タイムラインに副業の勧誘ツイートが流れてきて嫌だな、と感じている人であれば「万円稼ぎました」「詳細はLINEで」といったフレーズが候補になります。

ほかにも、他人への糾弾や、リプライでの論争が苦手な人は「すべきでは?」「謝罪してください」などのフレーズも指定できます。

「あるあるワード」を選べば、苦手な内容がタイムラインに表示される確率をぐっと軽減できますよ。

 

なお、フレーズでミュートすると、そのフレーズの含まれるハッシュタグもミュートされます。別個に指定する必要はありません。

アカウント名を指定してミュートする

アカウント名(@〇〇)を指定すると、そのアカウント名の含まれたツイートが非表示になります。炎上中のアカウントへのリプライや、アカウント名つきの宣伝ツイートを見たくない場合などに有効です。

 

一点注意が必要なのが、キーワードミュートでアカウントのミュート設定をしても、そのアカウントのツイート自体はミュートされないという点です。

対象のアカウントをフォローしていると、ツイートそのものはタイムラインに流れてきます。

 

アカウントのミュート方法については下記の記事で紹介しているので、参考にしてください。

キーワードミュートを駆使してTwitterライフを快適に!

Twitterはさまざまな趣味・思想を持った人が利用します。そのため、ときには苦手な内容がタイムラインに流れて来ることもあります。

 

キーワードミュートを使いこなせれば、Twitterをより快適に楽しむことができますよ。ぜひお試しください。

Source: しむぐらし