RSS

知っておきたい!初めてのスマホ選びのポイント

初めてスマホを購入しようと思ったら、まずはdocomo、au、SoftBankなどのキャリアを選ばなければならないと思っている人は、多いのではないでしょうか。

でも最近は、特定のキャリアに縛られることなく、自由にサービスを選ぶことができる「SIMフリー」のスマホを選ぶ人も増えています。

 

選択肢が増えればメリットも多くなりますが、逆にたくさんあるスマホの中から、何を選べばいいのか迷ってしまうことにも……。

そこでここでは、どんなスマホを選べばいいのかわからないという人のために、スマホ選びのポイントを紹介していきましょう!

ところで「SIMフリー」ってなに?

「SIMフリー」のスマホを選ぶ人も増えているといいましたが、この「SIMフリー」とは、一体どんなものなのでしょう?

 

契約したキャリアでスマホを購入すると、そのほかのキャリアのSIMカードが利用できないよう「SIMロック」がかかった状態になっています。

 

ですが、このSIMロックを解除した「SIMフリー」のスマホなら、どのキャリアのSIMカードでも利用することができます。キャリアを変更したらスマホも変更しなければならない、なんてことがなくなるのです。

 

「SIMフリー」については下記の関連記事に詳しく解説されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

<関連記事>

 
スマホの「OS」で選んでみる

ではスマホを選ぶ際に、どのような点に注目して選べばいいのでしょう?

まずはスマホの「OS」に注目してみましょう。

 

「OS」とは「オペレーティングシステム」の略で、スマホを動かすためのソフトです。そのOSはおもに2種類。ひとつはApple社が提供する「iOS」、もうひとつはGoogle社が提供する「Android」です。

それぞれのOSで特徴が異なるので、どちらのOSが自分にあっているのかをチェックしておきましょう。

「iOS」の特徴

Apple社がOSとスマホの両方を作っているので、デザインやインターフェイスに一貫性があり、使いやすいのが特徴です。その半面、iOSを搭載しているスマホはiPhoneだけ。バージョンが違うものがありますが、基本的には同じ「iPhone」です。
 
iOS用のアプリは、Apple社の厳しい審査をクリアしているので質が高く、安心して使えるというメリットがあります。ですが、新しい機能を導入する際にも、独自の厳しいチェックが必要となるため、導入が遅くなりがちです。

「Android」の特徴

Androidは、ライセンスフリーで提供されているOS。ですから国内外の多くのメーカーがスマホを製造していて、たくさんの機種のなかから選ぶことができます。

そのためメーカー間の競争が激しく「おサイフケータイ」「SDカードスロット」「テレビ受信機能」「ハイレゾ対応」などの新機能も、iPhoneに比べると早く搭載される傾向にあります。

 

Android用アプリについては、比較的審査が通りやすいので数は多いですが、なかには質の悪いものもあるので、慎重に選ぶ必要があります。

スマホの「スペック」で選ぶ

OSのことがわかったところで、今度はスマホの性能に注目してみましょう 。
スマホの性能を調べたいと思ったら、必ず目にするのがスペック表。見ると、何やらいろいろ書かれていますが、イマイチよく意味がわからないという人も多いと思います。

 

そこで次は、スマホの性能を比較する際に知っておきたい「スペック」について解説していきましょう。

スマホの頭脳「CPU」

「CPU」とは「セントラル プロセッシング ユニット」の略で、さまざまな演算処理を行う装置。いわばスマホの“頭脳”に当たる部分です。「プロセッサ」とも記載されます。

この性能が高ければ高いほど、スマホがサクサク動くというわけです。

 

使われているCPUの種類は、スマホの機種によって異なるので、簡単には性能の違いを比較することはできませんが、おおよその目安を知ることはできます。

 

そのひとつが「コア」。CPUの核となる部分で、その数が多いほど性能が高くなります。コアが2つのものを「デュアルコア」と呼び、2つ同時にデータを処理することが可能です。2つの“頭脳”が一緒に働いてくれるイメージです。

 

4つなら「クアッドコア」、8つなら「オクタコア」となり、その数字の分だけ“頭脳”が増えるので、処理能力は高くなります。クアッドコアが一般的ですが、最近ではオクタコア搭載モデルも増えています。

また、CPUの性能を知る目安に「周波数」というものもあります。これは“頭脳の回転”を数字で表したもの。数字が大きいほど高性能ということになります。最新モデルでは周波数2.5~2.7GHzが増えています。

情報を一時記憶する「RAM」

一般的に「メモリ」と呼ばれているのが「RAM」です。CPUが“考えた”情報を一時的に記憶しておくのがRAMの役割です。この記憶容量が大きければ大きいほど、性能も高くなります。

ただし、容量が大きくなるとバッテリー消費量も増えてしまいます。ですから主流モデルのRAM容量は4~6GB。一部のハイスペックモデルで8GBとなっています。

 情報を記録する「ROM」

「ROM」とは、一般にいう「内蔵メモリ」。写真や動画、音楽、アプリなどの情報を保存しておくところです。この数字が大きいほど、たくさんの情報が保存できるということになります。
16GB、32GB、64GB、128GBが一般的な容量です。アプリや写真をたくさん保存するなら、少なくとも32GBや64GBあると安心です。

カメラでポイントになるのは「F値」

スマホのカメラで注目するスペックといったら、多くの人は「画素数」と答えます。

 

しかし、画素数が大きくて有効になるのは、写真を大きく印刷するとき。印刷することがなければ、あまり気にすることはありません。

しかも最近のカメラは、800万画素以上のものが主流で、仮に印刷をすることがあっても問題のない画素数です。ちなみに800万画素であれば、A3サイズで印刷しても十分にきれいなプリントに仕上がります。

 

ではカメラのスペックは、どんなところに注目すればいいのでしょう?

それは「F値」です。

F値とはレンズの明るさを示す数字で、数字が小さいほど明るく写真を撮ることができます。

 

日中の光が多い場合はあまり効果を感じませんが、夜間など光が少ない場所では、F値が小さいほど、被写体をしっかりと撮影することができるのです。最近のカメラのF値は2.0前後が主流。明るいものでは1.6というものもあります。

「バッテリー」は容量だけではない

バッテリー容量がどのくらいあるかも、スマホ選びでは気になるポイントです。

バッテリー容量とは、バッテリーが100%から0%になるまでに放出される電気量のことで、単位は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表記されます。

 

バッテリー容量が3,000mAhのスマホは、1時間あたり3,000mAの放電が行えるということです。平均的なスマホのバッテリー容量は3,000~3,500mAh、大容量モデルでは4,000mAh以上のものもあります。

しかし、CPUの性能やディスプレイの大きさなど、スマホのスペックによって使用時間は違ってきますので、バッテリー容量ばかり気にしていてもいけません。

「連続使用時間」にも注目しておきましょう。
「連続駆動時間」「連続待受時間」とも言われますが、これはスマホをまったく操作せず、電源を入れてから切れるまでの時間です。

 

使い方によって、使用できる時間は違ってきますが、数字が大きければ大きいほどバッテリーが持つということになるので、スマホ選びの目安として考えておきましょう。

 

スマホを選ぶ際に、押さえるべきポイントがわかっていれば、悩むことはありません。これらのポイントを頭に入れて、自分にあったスマホを見つけてみましょう!

Source: しむぐらし