RSS

スマホの画面をダークモードにするには?iPhone/Androidの設定方法

通常の明るい配色ではなく、「黒」を基調とした画面になる「ダークモード」。

最近のスマートフォンやパソコンでは、デフォルトで搭載されていることも多いこの機能。TwitterやLINEなど、アプリ単位でダークモードを実装していることも珍しくありません。

 

暗い場所でも画面が眩しくならないことから、特に夜間は「目に優しい」と評判のダークモード。本記事ではAndroidとiPhone、それぞれの画面をダークモードにする方法を紹介します。

Androidをダークテーマにするには?

もともとAndroidスマートフォンには標準でダークモードが搭載されていませんでしたが、Android 10でついに実装。

 

「ダークテーマ」という名称の機能として、画面の明るさを自動で調整できるようになりました。デフォルトではOFFになっていますので、まずはONにする方法を確認していきましょう。

① 設定から「ディスプレイ」の項目をタップする

② 「ダークテーマ」をONにする

これでダークテーマに切り替わります。

自動でダークテーマに切り替えるには?

暗くなったらダークテーマにしたい、という場合、手動で毎回切り替えるのは面倒ですよね。自動でダークテーマに切り替わるようにするには、先ほどの②の画面で「ダークテーマ」の項目をタップします。

未設定の状態だとこのような画面になっていますので、「スケジュール」と書かれた部分をタップ。

 

すると、「なし」「指定した時間にオン」「日の入りから日の出までON」の3つの選択肢が表示されます。

切り替わる時間を自分で指定したい場合は「指定した時間にオン」から設定し、外の明るさにあわせて自動で切り替えてほしい場合は「日の入りから日の出までON」を選択しましょう。

iPhoneをダークモードにするには?

iPhoneでは、iOS 13でダークモードが機能として実装されました。

 

白を基調とした通常の明るい画面を「ライトモード」と呼び、黒を基調とした暗い画面を「ダークモード」と呼びます。デフォルトではOFFになっていますので、設定画面からONにしましょう。

① 設定から「画面表示と明るさ」の項目をタップする

② 「外観モード」の「ダーク」をタップする

これでダークモードに切り替わります。

自動でダークモードに切り替えるには?

iPhoneもAndroidと同様に、自動でダークモードに切り替えることができます。先ほどの②の画面で、「自動」をONにしましょう。

スケジュールを編集したい場合は、その下の「オプション」をタップ。すると、「日の入から日の出まで」と「カスタムスケジュール」の2つの項目が表示されます。

切り替わる時間を自分で指定したい場合は「カスタムスケジュール」をタップして設定し、日没と同時に自動で切り替えてほしい場合は「日の入から日の出まで」を選択しましょう。

まとめ

以上、AndroidとiPhone、それぞれの画面をダークテーマ/ダークモードにする方法を説明しました。

 

言ってしまえば「見た目が少し変わる」だけの機能ではありますが、夜遅くまでスマートフォンを操作している人にはおすすめ。画面が若干暗くなるだけでも、目に対する刺激を抑えることができます。

 

ここではスマートフォン自体の機能を取り上げましたが、TwitterやInstagramなどのアプリの画面もそれぞれダークモードに変更することができます。夜にSNSをチェックする人は、あわせて設定しておくといいかもしれませんね。

Source: しむぐらし