RSS

オンライン会議に美肌で挑む!会議用ライトを使ってみた

オンラインでの会議や、プライベートでのオンライン飲み会などを開く機会が多くなりました。そんな時、気になるのが自分の顔色。意識していない状態で自分の顔を見ると、ギョッとすることがあります。普段、鏡をのぞく時には無意識に表情をキメていることがよくわかりました(笑)。

 

実際に会う機会が少ない今だからこそ、オンライン上での自分を少しでもよく見せたい!というわけで、手軽に使えそうな会議用ライトを探してみました。

 

用意したのは以下の商品です。

 

Selvim 6インチ自撮りリングライト

組立編、使用編、感想編と順を追ってレビューいたします!

道具いらずでとても簡単!組立編

早速、箱から商品を取り出します。入っていたパーツはこれですべてでした。

想像よりも部品が少なく、どうやって組み立てるのか最初は戸惑いました。説明書や商品のサイトを見ながら、まずはリング状のライトと黒くて太いケーブルを繋げます。

ライトを繋げたら、ライトの方についている細いケーブルの先はUSB端子なので、パソコンに繋ぎます。ケーブルの中央部分に電源ボタンが並んでいます。オンを押して、ライトがパッと付くことを確認。

 

後は、ライトを自立させるために先端のクリップを机に挟めばOK。厚めのテーブルだと不可でしたが、5センチくらいの厚みなら大丈夫でした。

▲クリップでしっかり固定。挟む場所を傷つけないように内側が柔らかくなっている。

 

ちなみに、太いケーブルは2本あり、1本はライト、もう1本はスマホホルダーに繋がっています。どちらも手で簡単に向きや角度を変えられるようになっています。

自由自在に位置を変えられて無限の可能性を感じた使用編

さて、ライトのセットが完了したので使ってみることに。パソコンをセットし、手元のスイッチで電源をオン!おお、自分の顔色がパッと明るくなり、まるで女優ライトを当てたように光り輝きます。

 

光は白っぽい色と温かみのある暖色系の2種類あり、明かりの強さもなんと10段階で細かく変えられます。

 

光の種類や強さが組み合わせによってたくさんのバージョンに変えられるうえ、ぐねぐねと動くケーブルによってライトの位置も自由自在!縦横どちらにも360度動きます。

これなら自分の顔色を最大限キレイに見せてくれる置き方や角度が、きっと見つかるはず。

▲光が強すぎたら調光して調整しまししょう

絶妙な大きさのライトでオンライン会議ももう怖くない!感想編

会議用ライトを購入してみてインパクトを感じたのが、ライトの形です。リング状になっているその形状は、まさに蛍光灯そのもの。まるで普通の電灯で顔を照らしているような感覚が新鮮でした。

リングの外径は16センチと、手で持ったりデスクに取り付けたりしても圧迫感がなく、まさに絶妙な大きさです。

スマホでも使える工夫がうれしい

しかもこの会議用ライトは、パソコンでしか使えないわけではありません。スマホホルダーがついていてスマホも取り付けられるようになっているので、インスタの自撮りやLINEのビデオ通話などでも使えます。

その場合は、USBに繋げられる電源の確保が必要となりますが、スマホでも使えるのはうれしいですよね。

▲スマホを取り付けるとこんな感じ。手帳型など厚みのあるスマホケースに入れたままではホルダーに入らないので注意。薄いスマホケースならそのまま取り付けられる。

 

クリップで挟まないと自立できず、USB電源を確保しないといけないことを考えると、正直、持ち歩きには不向きかもしれません。

テーブルなどちょうどよく挟める部分があれば、固定させてパソコンやスマホと一緒に使うには便利な商品だと思いました。他にもオンライン会議用ライトはたくさんあるので、検索してみてピンときた商品を試してみるのもいいですね。

また、会議だけでなく、インスタなどで食べ物の画像を投稿したいときにも、キレイに光を当てることができます。他にもベッドサイドで読書したいときなど、ちょっとした間接照明としても使えそうです。

 

手軽に試せる価格なので、一家に一台、いかがですか?

Source: しむぐらし