RSS

【iPhone】気づくと出現している、アイコンの「雲」マーク対処法

iPhoneの画面を眺めていると、雲の形のマークが付いているアイコンを見かけることがあります。最近あまり使っていないアイコンに付いている場合が多いと思いませんか?

この記事では、アイコンに雲マークが付く理由や、付いた場合の対処法などについてまとめました。

「雲」マークが付く理由

iPhoneのアプリに雲マークが付くのは、一定期間そのアプリを使用していないことが主な理由です。アプリがこの状態になっているということは、iPhone上にはそのアプリが存在していないことになります。

ただし、クラウド(=雲)上にデータは保存されているので、アプリをダウンロードすればすぐに使うことができます。

この機能には、iPhone上に多くのデータを残さず、使用頻度の低いアプリのデータをクラウド上にうつすことでストレージ容量を節約する目的があるのです。

▲以前はよく利用していたアパレル関係のアプリが雲マークだらけに。しばらく洋服類を買っていないことが一目瞭然。

▲雲マークが付いているアプリをタップすると、データをダウンロードすることを示す「読み込み中」となる。読み込みが終了すると同時に雲マークも消滅、以降は普通に使用可能に。

「雲」マークが付かないようにしたい場合

雲マークは、iPhoneの設定で「非使用のAppを取り除く」をONにすることで付く仕様になっています。

 

付かないようにしたい、つまり「非使用のアプリを取り除かないようにしたい」という場合は、以下の操作をしてみましょう。

▲「設定」画面で下にスクロール→「App Store」をタップ

▲「非使用のAppを取り除く」がONになっていると雲マークが出現する

 

上記の「非使用のAppを取り除く」をOFFにすると、アプリに雲マークは付かないようになります。

 

しかし、雲マークが付かないということは使用頻度の低いアプリもそのままデータごとiPhone上に残ることでもあります。

その結果、ストレージがたまってしまい、動作が遅くなる可能性もあります。

「雲」マークが付いたアプリを完全に消去したい場合

アプリに雲マークが付いていたら、そのアプリを長期間使っていない証拠。

せっかくですので、この機会にアプリをデータごと削除したい!という場合は、以下の動作をしてみましょう。

 

アイコンを長押しして「ホーム画面を編集」を選ぶと、アイコンの右上にマイナスマークが出ると同時にアイコンが揺れる状態になります。

マイナスマークを押して「Appを削除」を選ぶと、アプリをデータごと削除することができます。

 

削除したいアプリは、ただタップするだけだとクラウド上からダウンロードしてしまい、雲マークが消える状態になりますので、必ず長押しするようにしましょう。

▲アプリを長押し→「ホーム画面を編集」をタップ

▲アプリが揺れると同時にマイナスのマークが出現したら、「Appを削除」を選択。これでデータごとそのアプリを削除することができる。

「雲」マークが付いたらアプリの断捨離のチャンス

ちなみに、筆者にはこんな経験があります。

 

久しぶりにショッピングモールへ行き洋服を購入した際、そのお店のアプリをダウンロードしているかどうか聞かれました。

持っていますと答え、ポイントを付けてもらおうとアプリを確認すると…雲マークが付いていました!そのお店を利用したのが久しぶりだったからでしょう。

 

しかし、外出先でアプリをダウンロードすると通信量が大きいですし、レジ前でその作業を行うのも時間がかかって気が引けます。

結果、その時はアプリの使用を諦めることに。また、そのお店も決して近所ではないため、これからも使う機会はそれほどなさそうと判断し、帰宅後にアプリを削除しました。

 

たまにはiPhone上のアプリを確認しておくと、いざという時にあわてずにすみますよね。

最近はiPhoneの容量が大きい機種が増えており、通信量も大容量のプランが多いとはいえ、なるべく節約したくて容量も通信量も最小限に抑えている場合もあります。

 

家の断捨離をするように、アプリも時々は断捨離を!

あなたのiPhoneを、スッキリ身軽にして快適に使っていきましょう。

Source: しむぐらし