AGA対策

タバコとお酒(アルコール類)って薄毛にどれくらいの影響がある?嗜む程度は問題なし?

年齢を重ねるにつれて、薄毛が気になりだしたという人は多くいると思います。

薄毛というと遺伝で発生するものというイメージが根強くありますが、タバコやお酒などの生活習慣と深く関連しています。

今回は『タバコとお酒が薄毛に与える影響』についてご紹介します。

タバコは薄毛への影響絶大

薄毛になる原因は遺伝や食生活など多岐にわたりますが、タバコは確実に髪の毛に悪影響を及ぼします。タバコには2つの悪影響ポイントがあります。

・ニコチンが血行を悪化させる
・活性酸素が毛母細胞を阻害

 

ニコチンが血行を悪化させる

そもそも健康な髪の毛は、血液を通じて髪の成長に必要な栄養素を受け取っているものです。しかし、たばこに含まれるニコチンという成分には、末端の血管を収縮させて血行を悪化させる作用があります。
つまり、喫煙することで血流が滞ることから、髪の毛を作りだす毛母細胞に必要な栄養分も行き届きにくくなってしまうというわけです。(下記、『Bad血流』参照)

血行の良い血流と悪い血流

 

すると、髪の毛が徐々にやせ細っていくとともにヘアサイクルも大幅に乱れていきます。その結果、本来ならば育つはずだった毛がすぐに抜け落ちたり、髪の毛が生えない期間が従来よりも長くなったりするため、薄毛に繋がっていくということです。

 

活性酸素が毛母細胞の分裂を阻害

さらに、たばこを吸うことで、老化を促進する作用のある活性酸素が体内で大量に発生してしまいます。この活性酸素には、髪の毛の生成のために不可欠な毛母細胞の分裂を阻害する作用があります。

つまり、髪の毛が新しく生え変わりにくくなるために、薄毛が促進されていくというわけです。

 

 

お酒は飲みすぎると薄毛への影響あり

アルコール類を飲みすぎてしまうと髪の毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。

そもそもお酒にはエチルアルコールという物質が含まれていて、この物質が肝臓で分解されると二日酔いの原因となるアセトアルデヒドが大量に作られます。
アセトアルデヒドは体内ですぐに無毒化されるのですが、この過程で健康な髪を維持するのに必要なアミノ酸、亜鉛などの栄養素がどんどん消費されてしまうのです。

 

アミノ酸と亜鉛って薄毛にいいの?
アミノ酸・・・髪の毛を強くする役割
亜鉛・・・毛髪サイクルがスムーズに行われるようにする機能

 

したがって、これらの栄養素が大量になくなることで、髪の周期が乱れていき髪の毛が弱くなっていきます。
その結果、抜け毛が目立ち始めて薄毛に繋がってしまうということです。

また、アルコールには大量の糖質が配合されていることから、お酒を摂取しすぎると頭皮の毛穴が皮脂で塞がれてしまいます。よって、頭皮環境が悪化することから、薄毛になりやすくなってしまいます。

 

まとめ

一生タバコは吸わないと心に誓った夜でした。
副流煙もできるだけ避けていきたいと思います。