AGA対策

日本皮膚科学会のガイドラインが驚愕。「ミノキシジルの内服を行うべきではない」

日本皮膚科学会が2017年に男性型および女性型脱毛症治療ガイドラインを発表しました。薄毛対策の今後方針の参考になるので、熟読してみました。

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

推奨度】日本皮膚科学会が示す指標
A :行うよう強く勧める
B :行うよう勧める
C1:行ってもよい
C2:行わない方がいい
D :行うべきではない(有害である)

 

ミノキシジルの内服は行うべきでない

AGAクリニックでも行われていることから有効な薄毛対策だと思っていましたが、日本皮膚科学会はミノキシジルの内服行うべきではないと宣言しました。

その根拠として、

  1. ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない
  2. ミノキシジルは降圧剤として開発されたが日本では認可されていない
  3. 男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない
    (↑内服の話。外用は許可されている。)
  4. 利益と危険性が十分に検証されていない←重要

が挙げられています。

 

副作用は重大な心血管系障害が生じる?!

ガイドライン記載の主な副作用としては、

  • 胸痛
  • 心拍数増加
  • 動悸
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • うっ血
  • 性心不全
  • むくみや体重増加など

 

用法、用量を誤れば、命の危険が伴う薬なんですね。
AGAクリニックでは医師指導の下、血液検査を行い、安心安全に服用を行っているのだと思います。

個人でミノキシジル内服はやめておいた方がよさそうです!毛髪さんが元気に生き生きしてても、本人がぽっくり逝っちゃったら元も子もないですもんね。

AGAクリニックはとても興味があるのですが、利用するには最低月3万円~かかるらしいです。行ってみたい気もしますが、それはまたの機会に。

 

 

日本皮膚科学会が強く勧める薄毛対策

『フィナステリド』の内服『デュタステリド』の内服『ミノキシジル』の外用は強く勧められています。

推奨の根拠について、ガイドラインからわかりやすいものを一部抜粋しました。

フィナステリドの内服

フィナステリド推奨の根拠
  1. 3,927名の男性被験者を対象とした試験において、硬毛数が増加がみられた
  2. ・2年間の内服継続により,軽度改善以上の効果が 68%の症例で得られた
    ・3年間の内服継続により,軽度改善以上の効果が 78%の症例で得られた
    ↑継続して内服することにより増加傾向あり
  3. 5年間の内服継続により写真評価において効果が 99.4%の症例で得られた

 

デュタステリドの内服

デュタステリド推奨の根拠
  1. 4,950 名の男性被験者を対象とした頭髪写真評価において、毛量増加を示した
  2. デュタステリドフィナステリドの比較試験において、全毛髪数と毛直径の増加についてはデュタステリドの方が優れた効果を示した
    (直径 60 μm 以上の硬毛数においては差異なし)

 

ミノキシジルの外用

ミノキシジル(外用)推奨の根拠
  1. 393 名の男性被験者を対象とした非軟毛数の増加観察において、以下の効果が見られた
    ・薬無し(偽薬):平均 3.9 本
    ・ミノキシジル(2%):平均 12.7本
    ・ミノキシジル(5%):平均 18.6本

 

いずれにしても、副作用は少なからずあるようです。ただ、十分検証したうえで有効性を実証し、強く推奨されています。

 

日本皮膚科学会がちょっと勧める薄毛対策

LED および低出力レーザー照射については、”強く”ではありませんが推奨されています。

LED および低出力レーザー照射

LED および低出力レーザー照射推奨の根拠
  1. 110 名の男性被験者を対象とした毛髪数の観察において、照射前に比較して毛髪数は 19.8 本/cm2 増加

 

LED および低出力レーザーの発毛効果に関しては、
『有用性を示す十分な根拠があり、副作用も比較的軽微であることから,適切な機材を使用して行うよう勧める』と記載されています。

実際に、効果が実証されているようですが、重要な注意書きが・・・↓↓↓

ただし、LED および低出力レーザー機器は国内ではまだ認可されておらず、用いられる光源の種類、波長、出力は報告によって様々ある。

だそうです。