AGA対策

発毛剤と育毛剤って違うの?『効果がある』発毛剤と、『効果が期待できる』育毛剤!

発毛剤と育毛剤って何が違うのでしょうか。意外とその違いを理解して使い分けている人は少ないのではないでしょうか。

今回は発毛剤と育毛剤の違いと、症状に適した使用について説明します!

発毛剤と育毛剤の違い

医薬品 or 医薬部外品

発毛剤は医薬品ですが、育毛剤は医薬部外品に該当します。

そもそも医薬品と医薬部外品って何が違うの?

医薬品:疾患や症状がある病気の治療を目的としている薬剤のこと。効果が認められている有効成分が配合されています。

医薬部外品:効果や効能が認められた成分が一定濃度配合されてはいますが、治療というよりも防止・衛生、健康を保つための薬剤のこと。

つまり、
医薬部外品である育毛剤は薄毛や抜け毛を防止して、頭皮の健康を増進するために使用しますが、医薬品である発毛剤は脱毛症などによって引き起こされている薄毛や抜け毛を治療するために使用します。

商品に「医薬品」「医薬部外品」の表記があるので、確認してみてください。

生やす or 育てる(頭皮環境を整える)

発毛剤と育毛剤は、使用することによって得られる効果が異なります。

発毛剤の効果

発毛剤は、新しく毛髪を生やしその成長を促す効果があります。ミノキシジル(効果が認められている有効成分)が配合されており、この成分は成長期の毛母乳頭細胞に働きかけて毛母細胞を活性化し、乱れた毛のサイクルを正常に戻します
ヘアサイクルが正常になれば、新たな毛髪が生え、健やかに成長します。すでに生えている毛を強くし、新たな毛を生えさせて強く成長させることが発毛剤の効果です。

育毛剤の効果

育毛剤は、頭皮環境を整える効果が期待できます。頭皮の血行を良くするほか、頭皮に巡ってくる栄養を豊富にして、毛が育ちやすい頭皮環境を作り、健康的な毛髪が育っていく手助けをします。
また、毛が育ちやすい頭皮環境を作るだけではなく、頭皮環境を健やかにする成分が含まれていることも多く、フケやかゆみといった頭皮トラブルの防止にも役立ちます。頭皮を健康的に保ち、コシとハリがある抜けにくい毛髪を育てる効果を期待することができます。

 

発毛剤と育毛剤の使い分け

発毛剤と育毛剤では効果が異なるので、症状に合わせて使い分けることが必要となります。

発毛剤がおススメの人
  • 頭皮の脱毛が増えてきているという人
  • 明確に脱毛症であるとわかっている人
育毛剤がおススメの人
  • 現在ある毛のボリュームが落ち、ハリやコシが低下していると感じる人
  • 今は脱毛に悩んでいなくても、将来的に気になって予防をしておきたい人
  • 発毛剤の効果を高めたい人

 

まとめ

毛を増やしたい人がどれだけ育毛剤を使っても効果はありません。毛が太くなってボリュームが少し改善される効果は期待できるかもしれませんが、ぎゅうぎゅうに詰まった毛根を実現するには発毛剤が必須です!

ただ、発毛剤をご所望の場合は、合わせて育毛剤を使用し、頭皮環境を整えて毛髪さんを太く元気に育ててあげることも大切なようです。

発毛剤と育毛剤の違いポイント

【発毛剤】

  • 医薬品
  • 新しく毛髪を生やし、その成長を促す(ミノキシジル配合)
  • 脱毛を改善したい人におススメ。

【育毛剤】

  • 医薬部外品
  • 毛が育ちやすい頭皮環境を作り、健康的な毛髪が育っていく手助けをする
  • 脱毛を予防したい人におススメ。