RSS

Bluetoothのバージョンとは?どれを選べばサクサク使える?

最近、スマホなどにイヤホンを接続する場合には、Bluetoothを使うことが多くなりました。ところで、Bluetoothにはいくつかのバージョンがあり、それぞれ機能が異なることをご存じですか?

 

イヤホンだけ利用する人であれば古いバージョンでも構わないのですが、ゲームのコントローラーなど他のデバイスと接続する場合には、できるだけ新しいバージョンのBluetoothを選ぶと安心です。今回は、Bluetoothのバージョンと、それぞれの機能について解説するので、自分に合ったものがどれか確認してみましょう。

Bluetoothのバージョンとは? 

「Bluetooth」の規格が誕生したのは1999年になります。その後、以下のようなバージョンアップを繰り返し、現在は2020年1月にリリースされたVer5.2が最新版です。

Ver. 機能概要
1.0 一般公開されたバージョン
1.1  一般的に広く知られるようになった普及バージョン
1.2 2.4GHz帯域の無線LANとの電波干渉対策を実装
2.0 最大転送速度を3Mbpsに変更できるEDR(Enhanced Data Rate)機能を実装
2.1 ペアリングが高速化
Sniff Subrating機能でバッテリーの寿命を最大5倍まで延長
3.0 最大転送速度24MbpsのHS(High Speed)機能を実装
4.0 大幅な省電力化を実現するLE(Low Energy)機能を実装
4.1 LEの強化
LTEとの通信干渉を抑制
4.2 LEのデータ転送速度が2.5倍に高速化
5.0 データ転送速度が4.0の2倍
通信範囲が4.0の4倍
通信容量が4.0の8倍
に強化
メッシュネットワークに対応
5.1  方向探知機能追加
5.2 LE Audio機能の実装

ちなみに、初代iPhone3Gには2.0のBluetoothが搭載されていましたが、iPhone8以降は5.0のバージョンとなっています。

どのバージョンのBluetoothがおすすめ?

Bluetoothのバージョンは、大きく「クラシック」と「LE」という2つの規格に分類されます。この2つの規格には互換性がありません。

 

クラシックのBluetoothの規格は、1.0から3.0までを指し、廉価なイヤホンの多くに採用されています。一方、4.0以降のBluetoothはLEと呼ばれ、大幅な省電力化を果たしたことで、マウスやビーコンなどにも採用されるケースが多くなっています。

 

したがって、Bluetooth対応のデバイスを購入する場合には、クラシックかLEのどちらに対応しているか確認する必要がありますが、以下のロゴで判別が可能です。

Bluetoothのバージョンとは?どれを選べばサクサク使える?左側の「Bluetooth」と書かれたロゴは、クラシックのみに対応しています。次に、真ん中の「Bluetooth SMART」と書かれたロゴはLEのみ対応しているデバイスです。

 

そして、右側の「Bluetooth SMART READY」と書かれた頃は、クラシックとLEの両方に対応しているデバイスです。つまり、わからない場合は「Bluetooth SMART READY」のロゴが付いているデバイスを選べば、安心して利用できるでしょう。

Bluetoothの最新バージョン5.2とは

2020年の1月にリリースされた最新規格であるBluetooth 5.2では「LE Audio」という新しい機能が追加されています。ちなみに、5.2より以前のBluetoothのオーディオは「Classic Audio」と呼ばれるようになり、互換性はありません。

LE Audioの主な特徴は、以下の通りです。

 

  • マルチ・ストリーム・オーディオ機能:複数のデバイスへ音声を送信可能
  • ハイレゾ音源に対応
  • LC3:高品質の音声データ送信を低消費電力で実現
  • オーディオシェアリング機能:スマホの音源を友人とシェアできる

 

ただし、現状バージョン5.2に対応しているデバイスは少なく、普及するにはまだまだ時間がかかりそうです。

ペアリングするデバイスのバージョンを確認しておこう

Bluetoothデバイスを購入する際には、ペアリングするそれぞれのデバイスのバージョンが対応していることを確認しておきましょう。「せっかく最新のデバイスを購入したのにペアリングできない……」という事態にならないように、十分注意してください。

Source: しむぐらし