BIGLOBEモバイル

【徹底比較】格安SIM/BIGLOBEモバイルのデメリット9選!これなら大丈夫?!

うさぎさん
うさぎさん
BIGLOBEモバイルって安いしサービス充実しているし、いいことばっかりだね。絶対契約した方がいいね。

たしかに大手キャリアや他の格安SIMと比較しても、BIGLOBEモバイルは料金・サービスともに高いレベルにあります。
本当におススメする格安SIMではありますが、他社にあってBIGLOBEモバイルにないサービスも、もちろんあります。

人によって、重視するポイントは違うと思いますので、デメリット(他社にあるけど、BIGLOBEモバイルにはない・あったらいいな)も全部知ったうえで、選んでもらえるとBIGLOBEモバイルにしてよかったと感じることができると思います!

それでは、大手キャリア・他の格安SIMと比較したデメリットを徹底解説します。

大手キャリアと比較したデメリット

ほぼすべての格安SIMがこのデメリットに当てはまります。大手キャリアから乗り換える場合は、要チェックです。

  1. 通信速度が遅い
  2. LINEの年齢認証できない(ID検索ができない)
  3. 解約時、電話のみ
  4. キャリアメールは利用できない
  5. 海外でデータ通信ができない(通話・SMS送受信は可能)

①通信速度が遅い

↓の通信速度比較ツールを確認してもらうとはっきりわかりますが、通信速度は大手キャリアに比べると遅くなっています。

うさぎさん
うさぎさん
やっぱり料金が安い分、速度は遅くなるよね。。速度が遅すぎて使い物にならないんじゃないか心配。

テレビに接続して大画面で、超高画質で動画視聴をしたい人には格安SIMは向いていません。

こんな人におススメ

LINEやfacebook等、SNSを主に利用する人
スマホで動画を視聴する人
PCでネットサーフィンする人

約1年BIGLOBEモバイルを使った実感としては、ネットサーフィンでも時間帯によって遅いと感じるときはあります。平日12時~13時、18時~20時の時間帯で遅くなりがちですが、逆にこの時間帯以外では遅く感じることはあまりありません。

テザリングを使ってPCでのネットサーフィンも快適にできます。

 

②LINEの年齢認証できない(ID検索ができない)

BIGLOBEモバイルでは、LINEの年齢認証ができません。格安SIMではLINEモバイルのみ可能な機能になります。
(LINEの年齢認証ができると、離れた場所にいる相手にIDを教えると友達登録が可能になります。)

 

③解約は電話のみ受け付け

解約する場合、インターネットの会員ページから申し込みはできず、必ず電話での受付になります。

 

④キャリアメールが使用できない

BIGLOBEモバイルに限らず格安SIMに乗り換えると、キャリアメール(「・・・@docomo.ne.jp」「・・・@softbank.ne.jp」「・・・@ezweb.ne.jp」)が利用できなくなります。

大手キャリアから格安SIMへの乗り換えに最もためらう要因の1つではないでしょうか。

BIGLOBEモバイルは、独自のドメイン「・・・@bma.biglobe.ne.jp」のメールアドレスがもらえます。ただし、BIGLOBEモバイルから別の格安SIMの乗り換えた場合、またメールアドレスをかえる必要があるので、GoogleやYahooのWebメールアドレスを利用することをおススメします。

 

⑤海外でデータ通信ができない(通話・SMS送受信は可能)

BIGLOBEモバイルは海外で、電話・SMS送受信は可能ですが、データ通信することができません。

一方、海外で膨大な通信をしてしまって、多額の通信料を請求されるなんてことにはならない安心感があります。海外でデータ通信を利用する場合は、「GLOBAL Wifi」や「イモトのWifi」など、モバイルルーターのレンタルを利用するのもおススメです。

 

他の格安SIMと比較したデメリット

  1. 低速モードにできない
  2. お試し利用できない
  3. 1番安いプランが900円(ちょっと高い)
  4. 余ったデータ容量をプレゼントできない

①低速モードにできない

他の格安SIMではデータ通信量節約のために、自分で低速モード(だいたい200kbps)と高速モードの切り替えが可能となっています。

BIGLOBEモバイルでは、データ通信量がなくなった場合、低速モードになりますが、自ら切り替えることができません。

 

②お試し利用できない

他の格安SIMでは、データ容量200MBを1,200円(初期費用込み)で使用することができるサービスがあります。

BIGLOBEモバイルはお試しプランがなく、最低でも4,239円(初期費用込み)かかってしまいます。
格安SIMが初めてでお試ししたいという方は、他の格安SIMでお試ししてみることをおススメします。

 

③1番安いプランが900円(ちょっと高い)

LINEモバイルでは、データ容量1GBで月額500円から利用できるお手頃プランがあります。

BIGLOBEモバイルでは、データ容量3GB(音声SIMの場合は1GB)が最低データ容量であり、900円(音声SIMは1,400円)からの利用となります。

LINEモバイルの1GB500円に比べて、BIGLOBEモバイル3GB900円は大変割安なのですが、「3GBも使わないよ」って方にとってはLINEモバイルが魅力的だと思います。

BIGLOBEモバイルも、データSIMのみの1GBスタートプランを設定してほしいですね。

 

④余ったデータ容量をプレゼントできない

LINEモバイルやmineoは余ったデータ容量を他の人にプレゼントできるサービスがあります。

データ容量がなくなったときに、お金を払ってデータ容量追加するのではなく、誰かの余っているデータ容量をプレゼントし合えるのはとても便利でいいサービスだと思います。

BIGLOBEモバイルは今のところ、データ容量をプレゼントできるサービスはありません。。

そんなことする必要も予定もないって方にとっては、デメリットではないかもしれませんが。

 

まとめ

うさぎさん
うさぎさん
BIGLOBEモバイルもやっぱりデメリットはあるよね。

もちろんBIGLOBEモバイルにもあればいいなと思うサービスはありますが、それ以上にメリットがたくさんあります。

【徹底比較】BIGLOBEモバイルのメリット15選!選ばれる理由とは? 老舗プロバイダーのBIGLOBEですが、そのBIGLOBEが展開する格安SIMブランドのBIGLOBEモバイルも充実したサービス...

メリット/デメリットをすべて知ったうえで検討できると、失敗のない格安SIM契約ができると思います。

BIGLOBEモバイルのデメリットまとめ

【大手キャリアと比較したデメリット】

  • 通信速度が遅い
  • LINEの年齢認証できない(ID検索ができない)
  • 解約時、電話のみ
  • キャリアメールは利用できない
  • 海外でデータ通信ができない(通話・SMS送受信は可能)

【他の格安SIMと比較したデメリット】

  • 低速モードにできない
  • お試し利用できない
  • 1番安いプランが900円(ちょっと高い)
  • 余ったデータ容量をプレゼントできない

BIGLOBEモバイルが気になった方はこちらから↓