RSS

Android 11にアップデートしたらツイートできなくなった!不具合の解消方法

2020年秋にリリースされた、Android OSの最新バージョン「Android 11」。

操作性が向上したほか、デバイスコントロールやスクリーンレコードといった新機能も実装されて話題になりました。

 

しかし一方で、一部のアプリでは不具合も発生。「Gmailで操作ができない」「Twitterで画像が表示されない」などの症状が報告されていました。現在はほぼ解消されていますが、端末によってはこの不具合が発生する場合もあるようです。

そこで本記事では、この不具合の対策を紹介。特に症状が発生しやすいとされるTwitterで、問題を解消するための方法を確認していきます。

Android 11へのアップデート後、Twitterに不具合が出たら?

Android 11へのアップデート後、主にTwitterで報告されている不具合は、「画像を投稿する際に、端末に保存されている画像が表示されない」というもの。

 

現在はTwitterアプリのアップデートなどによって解消されているようですが、もし同様の症状が出た場合は、次の操作を試してみてください。

① 設定を開いて「アプリと通知」をタップ

② Twitterを選択

③ 「権限」をタップ

④ 「ファイルとメディア」をタップ

⑤ 「許可しない」を選択

⑥ 設定アプリを終了する

設定アプリを一度終了させます。

⑦ 改めて設定アプリを開き、先ほどの権限を「許可」に変更する

改めて①~④の操作をして、⑤で「メディアへのアクセスのみを許可」に変更。すると、症状が解消されるはずです。

「ツイートできない」症状の場合はどうすれば?

一方で、上記の不具合とは別に「ツイートボタンが押せない」タイプの症状も報告されています。

こちらは2021年夏、Android版のTwitterアプリがアップデートされた直後に話題になりました。

 

その対策として挙げられているのが、「画面に干渉するタイプのアプリを停止させる」方法です。

というのも、この不具合は「他のアプリが干渉して引き起こされている」という指摘があります。たとえば、ブルーライト軽減アプリなどですね。

 

そのようなAndroidの画面に働きかけるアプリ、あるいは画面の上に重ねて表示するタイプのアプリが原因で、ツイートボタンが押せなくなっているのではないか、とのこと。

それらのアプリが画面に干渉し、「ツイートボタンを押す」動作が認識されなくなっている可能性があります。

 

ですので、対策としては「画面に干渉するタイプのアプリを停止させる」といい、との指摘。

現在はアプリ側でも対策されているはずですので、まずは使っているアプリを最新版にアップデートしてみて、それでもダメでしたら、干渉しそうなアプリを停止させてみてください。

まとめ

以上、Android 11で発生していたTwitterの不具合と、その解消方法を説明しました。

 

前述の通り、この手の不具合は「アプリをアップデートする」ことで基本的には解消されるはずです。特に同様の症状が多く報告されている場合は、アプリ側で早々に修正が行われます。まずはPlayストアでアップデートしましょう。

Source: しむぐらし