AGA対策

AGA(男性型脱毛症)ってどんな症状?薄毛はみんなAGA?

AGAの概要(症状と原因と対策手段)についてご説明します!

AGAって何?

AGA(Androgenetic Alopecia)は男性型脱毛症といって、髪の毛が薄くなる男性特有の症状がみられます。主に症状が出始めるのは思春期以降であり、抜け毛が増えて薄毛が進行していきます。

症状が出やすいのが、頭頂部と生え際です。このどちらか、または両方に症状が出ます。症状は進行性で徐々に髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。

AGAは毛が生えなくなるわけではありません。毛は生えますが正常に成長する前に抜け落ちてしまい、短くて細い髪の毛だけになってしまう状態です。

AGAの判断ポイント

これらのポイントが当てはまる場合にはAGAの可能性があります。

  • 家族や親類に薄毛の人がいる
  • 年齢とともに抜け毛が増える
  • 薄毛が目立つのが、頭頂部や生え際

 

AGAの原因

AGAの原因は男性ホルモンです。そのため男性だけに症状が現れます。男性ホルモンにも様々な種類があり、AGAの原因は悪性のホルモンであるDHTだと考えられています。

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?
筋肉を発達させたり体毛を増やしたりする男性ホルモン「テストステロン」が人体に存在する酵素の一種である「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで変化した男性ホルモンのこと。毛髪を生み出す毛母細胞を委縮させる

毛の生え替わりには毛周期というサイクルがあり、正常であれば十分に成長してから毛が抜けるまでにある程度の期間があります。
DHTの影響でこの毛周期が崩れると、毛の成長時間が非常に短くなり十分に成長する前に抜け落ちるようになってしまいます。このような毛の生え替わりのサイクルの乱れによって薄毛が進行します。

 

AGAの対策手段

AGAの対策としては、毛の生え替わりのサイクルを正常に戻すことが有効です。そのためには次の手段が考えられます。

  • 専門のクリニックで治療を受ける(主に投薬治療を行う)
  • 市販の発毛剤・育毛剤で自ら治療する

 

専門のクリニックで治療を受ける

AGA専門のクリニックは数多くあります。重大な副作用が発生しないよう医師が血液検査の結果を診断して、投薬治療を行います。確実にAGAの診断をしてもらえることと、医師の指導の下にミノキシジルの服用ができるので、AGA治療としては最善の方法だといえます。

ただ、AGA治療は健康保険が適用されないので、全額自己負担となります。
費用相場は、1カ月当たり1.5~3万円程度です。1万円以下を謳っているクリニックもありますが、すべて現状を維持する(発毛しない)投薬治療となります。

毛の生え替わりのサイクルを正常化するためには治療に時間がかかるため、一般的に6ヶ月〜1年程度の時間が必要だと考えられています。治療をやめれば、元の薄毛に戻ってしまうので、毎月高額な治療費を継続して支払える余裕があればおススメします。
(満足する毛量となれば、現状維持する治療に移行していくので、少しずつ負担は下がります。時間はかかります!)

 

市販の発毛剤・育毛剤を使用

少し高価ですが効果が認められている第1類医薬品の発毛剤が薬局で購入できます。また、数多くの育毛剤が発売されています。

発毛剤としては外用のみとなり、クリニックでの治療よりも効果は実感しにくいことはありますが、安価(1カ月当たり7,000~8,000円)に始めることができます。

自分に合う治療薬に出会うことができれば、しっかり発毛が期待できますので根気よく継続できる方には市販の薬を使用するのがおススメです。

発毛剤と育毛剤の記事は次にまとめていますので、ぜひご確認ください。

https://nayami-life.com/archives/22

 

 

また、薬だけでなく、生活習慣も見直すことで薄毛改善につながります。 食生活が乱れると髪の毛に必要な栄養が不足するため、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。他にも睡眠、運動、飲酒やタバコ等、普段の生活は薄毛に強く影響を与えます。悪習慣をなくし、毛髪さんにやさしい生活を送りましょう。