RSS

月600円で6人までゲームし放題!「Apple Arcade(アップル アーケード)」のススメ

「Apple Arcade(アップルアーケード)」とは、Appleが2019年秋からスタートしたゲームのサブスクリプションサービスです。

iPhoneやiPadをはじめとするApple製デバイスがあれば、定額で100以上のゲームタイトルが遊び放題となります。

 

最初の1か月間は、無料で試せる「トライアル期間」になるので、ゆっくり家で過ごす時間に、試してみてはいかがでしょうか。


月600円か年6,000円で遊べる

Apple Arcadeを遊ぶために面倒な準備は必要ありません。

 

例えば、iPhoneで遊ぶ場合、普段アプリをインストールしている「App Store」アプリを開き、下部に表示される「Arcade」タブをタップすれば、Apple Arcadeの画面になります。

 

あとは、画面指示通りに登録の手順を進めれば、準備はOKです。

最初の1か月間はトライアル期間として、無料でプレイ可能。トライアル期間が終了したあとは、月額600円(税別)で利用できます。

 

1つの契約で家族6人まで遊べるので、使い方によっては費用対効果は大きいでしょう。

 

ちなみに、月額プランのほかには、年額6,000円(税別)で利用できるプランも用意されています。

月額に換算すると500円相当になるので、長期利用が確定した場合には、こちらに切り替えるとお得になります。

広告なし&追加課金で遊べる

Apple Arcadeに登録すると、「Arcade」タブに表示される全てのゲームが遊び放題になります。

遊ぶ流れは、通常のゲームアプリと同じで、App StoreからアプリをインストールすればOKです。

なお、グラフィックスに凝ったタイトルでは、アプリのデータサイズが数GBと大きいことも多々あります。ダウンロードする際には、Wi-Fi接続が必須といえるでしょう。

一方、インストール後はオフラインでも遊べる仕様になっています。


Arcadeタブのゲームでは、広告が表示されず、追加の課金オプションも一切ありません。

遊ぶ度に広告画面が表示されて煩わしいということもありませんし、子どもに遊ばせる場合にも、誤って広告をタップしてしまったり、勝手に課金してしまったりする恐れがない点は、Arcadeならではの魅力です。

また、iOSの「スクリーンタイム」機能や「ペアレンタルコントロール」機能と連携するので、所定の設定を施せば、遊べる時間もルールとして定められます。ゲームをインストールする画面には、対象年齢も記載されていますので、家族で遊ぶ場合には参考にしましょう。

同じアカウントなら複数デバイスで遊べる

Apple Arcadeを遊べる端末は、iPhone、iPadのほかにも、iPod touchや、Mac、Apple TVがあります。OSの対応バージョンはiOS 13、iPadOS13、macOS Catalina、tvOS 13以降です。

 

複数の端末に、同じアカウントでサインインしている場合には、プレイしている内容を異なるデバイスに引き継いで遊ぶことが可能です。例えば、外出中にiPhoneで遊んでいたゲームの続きを、自宅に戻ってからApple TVで遊べます。

 

ちなみに、PlayStation用の「DualShock 4」など、対応コントローラーを持っている場合には、対応機器にペアリングして、使用することも可能です。

一ヶ月で止める場合には

もし、無料のトライアル期間で満足した場合には、登録を解除すれば月額料金は発生しません。

例えば、iPadOSの場合、「App Store」アプリ内のアカウント画面から「サブスクリプション」を選択し、「サブスクリプションをキャンセル」をタップ。「確認」をタップすれば登録が解除されます。

 

とは言え、1か月あればいろんなタイトルを試せます。その間に好みに合うタイトルが1〜2つは見つかれば、1〜2か月有料で登録しても十分元は取れますよ。

 

ちなみに、筆者の場合は、日本でお馴染みのビックネームならKONAMIの「Frogger in Toy Town」や、CAPCOMの「深世海 Into the Depths」、マイナーなところではChucklefish Limitedの「INMOST」などをやり込みました。はじめのアプリ選びの参考になれば幸いです。

Source: しむぐらし