RSS

密にならずに遊べる!おすすめパーティーゲームアプリ3選

最近は、ボイスチャットやZoomなどでワイワイやりながら楽しむ、パーティーゲームアプリが人気です。自宅で遠隔地にいる友人と夜中まででも気軽に楽しめるので、時間を忘れてのめり込めます。

特に最近は密になることを避け、パーティーゲームやボードゲームをやる機会がめっきり減ったので、人と一緒にゲームできるのは新鮮ですよね。

 

そこで今回は、ボイスチャットやZoomをしながらでも楽しめる、パーティーゲームアプリやボードゲームアプリを厳選して紹介します。

ワードウルフ

「ワードウルフ」は人狼ゲームをライトにしたゲームです。テーマを1つ決めて話し合いを行い、仲間外れの人を探すという超シンプルなルールなので、お子さんでも一緒に楽しめます。

最初に参加人数や条件を決めます。このとき、「大人向け」を選ぶとちょっと過激な質問も飛び出しますので、お子さんが一緒のときは「子供向け」を選びましょう。

スタートすると残り時間が表示されますので、時間いっぱいまで会話をします。時間になったら、皆で答え合わせをして犯人を見つけたら終了です。

また、ワードウルフではオリジナルの質問も設定できますので、学校や仕事関係のネタやニッチな話題でもOKです。かなりライトに人狼的なゲームが楽しめるので、オンライン飲みの余興などによいかもしれません。

 

  • iOS版「ワードウルフ」のインストールはこちらから
  • Android版「ワードウルフ」のインストールはこちらから
     

雀魂-じゃんたま-

次に紹介するのは、麻雀アプリの「雀魂-じゃんたま-」です。本格的な3人打ち4人打ち麻雀がオンラインで楽しめるアプリになります。アプリはブラウザベースのものとスマホアプリの2種類が選べるため、スマホとPCのメンバーが入り混じって卓を囲むことも可能。

アカウントを作成してログインしたら、「友人戦」を選択し「ルーム作成」をタップします。

ルールを設定して「作成」を押し、面子が揃ったらゲームスタート。

オンラインで知らない人と対戦する場合は、牌を切る時間が短いのですが、友人同士でやる場合は、250秒待ってくれるのでゆったりでも大丈夫です。本格的な麻雀がガッツリ楽しめます。

パソコン上であればZoomと一緒に並べられますので、相手の顔色を見ながら打つことができて臨場感もバッチリです。スマホの場合は、LINE同士でつなぎチャットベースでプレイするのがよいでしょう。

ちなみに、友人の作った卓に参加する場合は、部屋のIDを聞いて、それを「友人戦」の「ルーム参加」で入力すれば参加できます。

 

  • ブラウザ版「雀魂-じゃんたま-」はこちらから
  • iOS版「雀魂-じゃんたま-」のインストールはこちらから
  • Android版「雀魂-じゃんたま-」のインストールはこちらから

 

BOARD GAME ARENA

最後に紹介するのは「BOARD GAME ARENA」です。

これは一つのゲームではなく、ボードゲームを集めたサイト。なんと265種類のボードゲームを世界中のユーザーや友人と楽しめます。ブラウザベースのアプリなので、ダウンロードも不要です。

FacebookかGoogleアカウントでログインするだけですぐにはじめられます。最初に好きなゲームを5つ選び、ゲームをスタートします。

はじめてのゲームの場合はチュートリアルもあるので安心。

パソコン上のブラウザで実施すれば、Zoomを一緒に立ち上げられますので相手の顔を見ながらプレイできて臨場感抜群です。とにかくゲームの種類が豊富なので、誰とでも楽しめるのがうれしいところでしょう。

 

  • 「BOARD GAME ARENA」のTOPページはこちら

 

Zoom越しならリアルと変わらない

今回は、ボイスチャットやZoomをしながらでも楽しめる、パーティーゲームアプリやボードゲームアプリを紹介しました。ZoomやLINE越しであれば、相手がまるで傍にいる感覚でプレイできますので、ほぼリアルにやっているのと変わらない感覚で楽しめます。

 

特に、麻雀アプリは場代もかからず、牌も自動で並べてくれる上に終電を気にする必要もないため、むしろリアルよりよいかもと思ったくらいです。

週末家にこもってオンラインでボードゲームをやれば、巣ごもりしていることを忘れてしまうほど盛り上がれることでしょう。ぜひ、試してみてください。

Source: しむぐらし