RSS

家にある古いiPhoneが着信してしまうのはなぜ?鳴らなくする方法を説明

iPhoneユーザーのなかには、「機種変更する前に使っていたiPhoneを、家のWi-Fiにつないで使っている」という人も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ずっと使い続けていてもそう簡単には壊れず、長年にわたって使えるiPhone。最新モデルに機種変更したあとも、「家専用」あるいは「ゲーム専用」の端末として使い続けている人は多いと聞きます。

 

しかしこの使い方をしていると、「電話がかかってきたときに、古いiPhoneも一緒に着信してしまう」ということがあります。家にある複数のiPhoneに着信の通知がいってしまうのを止めるには、どうすればいいのでしょうか。

 

本記事では「複数のiPhoneが着信する条件」と、「特定のiPhoneに着信が来ないようにする設定」について説明します。

古いiPhoneも着信してしまうのはなぜ?

電話がかかってくると、機種変更する前のSIMカードが挿入されていないiPhoneもなぜか一緒に着信して鳴ってしまう――。

この現象が起こる原因は、iPhoneの設定にあります。

その設定とは、複数のデバイスで通話できるiPhone/iPadの機能。同じiCloudアカウントでサインインしている端末が近くに複数あると、電話がかかってきたメインのデバイス以外にも着信を転送。別の端末でも通話ができるようになっています。

ですので、この現象を解消するには、新しいiPhoneの設定を変更する必要があります。順を追って確認していきましょう。

iPhoneの「ほかのデバイスでの通話」の設定を変更しよう

古いiPhoneで着信が鳴らないようにするには、新しいiPhone側で設定を変更します。

① 設定から「電話」を選択する

② 「ほかのデバイスでの通話」をタップする

③ 「ほかのデバイスでの通話を許可」を無効にする


※このとき、画面下に表示されているデバイスごとに、個別に通話を許可することもできます。

まとめ

以上、家にある複数のiPhone/iPadが着信してしまう現象について、その理由と設定の変え方を説明しました。

 

不要に感じる人が多い機能かもしれませんが、「子機」として古いiPhoneを活用できる、とも捉えられます。たとえば、日常的に着信の回数が多く、複数の部屋を行き来する生活を送っている人にとっては、便利に感じられるかもしれませんね。

もちろん、そうでない人は使う機会もないと思いますので、上の手順で無効にしておきましょう。

Source: しむぐらし